院長のご紹介

[ご挨拶]
初めまして。水谷皮フ科クリニックは2012年5月に開院いたしました。
私自身なぜ皮膚科医を目指したのか改めて振り返りますと、小学生の時に自分の腕や足の皮膚にできてなかなか治らない湿疹に薬を塗りながら 常に考えていたことに行き着きます。それは幼心なりに、この皮膚の中はどのような状態になっているのだろうかということでした。

そこで肌の病気に興味を持ち、自分自身の体験から皮膚病を持つ患者さんの気持ちもわかるのではないかと思い、皮膚科医になることを志しました。
皮膚科医として働き始めると、徐々に皮膚の悩みに伴う精神的ストレスはとても大きなものだと感じるようになり、 デリケートなお肌の状態の良し悪しが、その方の気持ちなどメンタル面に与える影響を無視するわけにはいかなくなりました。
私自身も湿疹を患い、夜眠れなくて辛い思いをしたこと、そして何より同級生たちから向けられた視線について忘れていた想いが 日に日に自分の中で蘇り大きなものとなってきました。

開業した今、その想いを忘れず患者さんに真の意味で寄り添う診療ができる環境となりましたことを感謝しております。
初心を忘れずに患者さんお一人お一人のお肌の病気だけでなく、おかれている環境やお気持ちに最大限配慮していきたいと思います。

水谷皮膚科ではこれまでの経験を活かした一般皮膚科・小児皮膚科診療はもちろん、 美容皮膚科の施術までより多くの患者さんにお応えできるよう診療いたします。
皮膚科専門医として、ニキビ等お肌のトラブルや脱毛、加齢によるお肌(しみ、たるみ、小じわ等)のお手入れまで、 健康で若々しく美しい肌を保つお手伝いをしております。

最後に、スタッフ一同、皆さまが笑顔になれる、笑顔でお帰りいただけるクリニックを目指してまいります。
どうぞ、お気軽にご来院ください。


水谷皮フ科クリニック 
院長 水谷 治子 


[略歴]
東京医科大学卒業
東京医科大学病院皮膚科、東京医科大学霞ヶ浦病院、板橋中央総合病院、
春日部総合病院などを経て、 平成24年5月 水谷皮フ科クリニック開院

[資格]
・医学博士
・日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
・日本レーザー学会認定 レーザー専門医
・日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医